核発電がダメな第一の理由は、安全性ウンヌンの前に、経済的にペイしていないことです。つまり採算が合っていません。ですから核発電は、ふつうの資本主義、自由主義の経済の枠組みの中には存在できないはずのものなのです。

政府発表のエネルギー白書で、原発(核発電)の発電コストは1kwh当たり5~6円で他の方法よりかなり安くなっています。
しかしこれがウソなのです。経産省がどうしてこんなウソをつくのでしょう。核発電の行政が根本からゆがんでいる証拠です。

これは2011年4月22日に行われた孫正義さんのプレゼンテーションで示されたグラフです。
電力会社が核発電の建設を申請する時に、経産省に提出した申請書の中に記載した発電コストの集計です。
1980年頃の申請に7円くらいというデータがありますが、あとは全部10円以上で、平均して15円くらいになっています。

つまり電力会社自身が、15円くらいだと言っているのです。それなのに経産省は、核発電の発電コストは5円から6円だとエネルギー白書に書いているのです。本当にどうしてそんなウソをつくのでしょう。正しく書くと上のグラフのようになります。もう他の方法に負けています。しかしそれだけではありません。核発電にはもっとコストがかかっているのです。

まず、通常の経済活動では万一のために保険に入ります。しかし核発電は事故が起きたときの保険に加入していません。いったん事故が起きると賠償金が莫大になるので、保険会社が引き受けられないのです。政府が国策で核発電を推し進めたとき、電力会社は事故が起きたらたいへんで、保険会社も引き受けないからといやがりました。そこで政府が、事故が起きたら政府が払う、保険に入らなくて良い、という法律を作ったのです。しかしそれはペテンです。核発電事故で損害を被るのは国民です。政府の金は国民の金です。国民が国民に補償しても何の意味もありません。

福島ではメリルリンチ日本証券の資産では48兆円くらいの賠償額になるということです。これまでの40年間の核発電で作った電力の総量が6兆kwhくらいですから、1kwh当たり8円の負担になります。
つぎに、核燃料の残渣の廃棄処理のコストがまだ計上できていません。どのくらいの費用がかかるか「分からない」というのが本当のところで、技術的に可能かどうかさえまだはっきりしていません。出来たとして7円/kwhくらいかかるという説もあります。

それらを合計すると核発電のコストは30円/kwhくらいになります。

するとこうなります。これでは火力や水力とまったく競争できていません。火力や水力を増やした方が経済的です。
このように核発電はまったく経済的にペイしていないのです。

核発電は何重にも防護があって絶対に安全だと関係者は言い続けてきました。しかし、それは彼らの勝手な「想定」にもとづいての話で、「想定」の外ではまったく安全でないことは、見る人が見れば歴然としていました。多くの人が警告を発していました。しかし経産省も保安院も安全委員会も東電も、そういう警告をすべて無視しました。今頃になって想定外だったと言っていますが、何の弁明にもなっていません。

 

これは3号炉の核爆発の様子です。まず、火を吹いて、それから黒い巨大な噴煙が立ち上りました。

1号炉の水素爆発と比べれば、3号炉の爆発の様子は明らかに違います。1号炉は建屋内にたまった水素が、酸素と化合して爆発したもので、核反応は無関係と考えられています。水素と酸素の化合という化学反応のレベルなのでエネルギーの放出もそれほど多くはなく、白い雲が横に這うように膨張しています。しかし3号炉では黒い煙が垂直に数百メートル急上昇しています(建屋高さが50メートル)。これは原爆のキノコ雲に似ています。原爆のキノコ雲は、核の内部から放出される強烈な核反応エネルギーによって周囲の空気が強烈に熱せられて火の玉となり、周辺の空気を吸い込みながら急上昇するために発生します。それと似た現象が3号炉で起きています。また周辺の可燃物が発火したために黒い雲となっています。大きな重量物が二つ、吹き上げられて落下してきています。

 

アメリカの原子力技術者で70基以上の原発を建設してきたグンダーセン氏の見解では、3号炉では、まず水蒸気爆発が起きて、その衝撃で原子炉建屋の上部にあるプールに並べてあった使用済み核燃料の一部が圧縮されて密度が高まり、臨界に達して連鎖反応が急激に起きたのだろうということです。3号炉では昨年10月からプルサーマル運転が始まっていますが、プルトニウムが多いことも連鎖反応が起きやすい原因になったのかも知れません。右の写真は爆発後の3号炉です。もうたいへんな恐ろしい状況ですね。

 

2011年4月7日に東京の杉並区のビルの屋上で、フロアーの上に白い粉が積もっていて、そこに検出器を置くとカカカカカカと強い連続音とともにメーターは6.39マイクロシーベルトを示しました。そのまま年間に換算すると56ミリシーベルトです。東日本では、放射線障害の前駆症状である下痢や鼻血が多発しているそうです。

 

日本の核発電には日本独自の危険性があります。
まず地震国であることで、欧米人は日本で地震に会うとビックリ仰天します。欧米から見れば日本中どこでも地震の巣窟です。
上の図は今年の3月から4月にかけての1ヶ月間の地震の発生の様子です。たった1ヶ月で日本列島が隠れるほどに地震が起きています。
そしてすでに、日本の核発電は大きな揺れ加速度には対応できないことが、あちこちで実例が出ています。福島第一原発も、津波でやられたと公式には発表されていますが、その後に出てくる情報では、地震の一撃で配管がやられて冷却水が降り注いだこと、津波が来るまでの30分の間にすでに1号基と3号基の緊急冷却装置が作動しなくなっていたこと、地震で送電鉄塔が倒れて外部電源を失っていたことなどが言われています。
次に日本は人口密集地です。ひとたび事故が起きたら人々が疎開するのに巨額の費用がかかります。スリーマイルやチェルノブイリは人口が希薄ですから半径200キロくらい疎開できましたが、日本ではそれはできません。また、もし福島で大規模な疎開を実行するとなると、それは新幹線や高速道路も通れないということですから、福島以北の経済が壊滅してしまいます。特に大津波からの復興が絶望的になります。地震直後の政府の対応に批判が多くありますが、どんな政府でも容易に対応できる状況ではありませんでした。
地震多発国で人口密集、産業密集の国に、たいした備えも心構えもなしに54基もの核発電設備を作ってきたことが間違っていたのです。

著作権 ©2020 minusionwater.com。 全著作権所有。

Log in with your credentials

Forgot your details?